オプション検査
検査項目一覧

放射線科部
リハビリテーション科部
薬剤部
事務部


院長あいさつ


   
       
日本赤十字社の使命

わたしたちは、
苦しんでいる人を救いたいという思いを集結し、
いかなる状況下でも、
人間のいのちと健康、尊厳を守ります。 
   
   病院長 清水 良一 
 


平素より日本赤十字社の活動に対してご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 1877年(明治10年)5月1日に創設されました日本赤十字社(日赤)はその使命としての「人間のいのちと健康、尊厳を守る」との人道的任務を遂行するために、下表の3つの領域について❶~❾の9つの分野での幅広い活動を展開しています。

 医療事業の分野では、日赤は全国に92の赤十字病院と5つの診療所および6つの老人保健施設(この6施設の内の1つが当院併設の「あんじゅ」)を運営しており、いつどこで発生するかもわからない大規模自然災害に対して、迅速かつ機動的に援助の手を差し伸べるための医療支援体制が整っています。
小野田赤十字病院も災害時には救護班を編成・派遣し、日赤の人道的任務の一翼を担って参りました。(阪神淡路大地震、東日本大震災、熊本地震等)

 現在、当院は日赤の行う活動の3つの領域について❶~❸、❼およびの 計5分野で人道的任務を果たすべく、積極的に活動しております。
 年間を通しての目標および展望を全職員230余名に周知することで、組織の結束力を高め、とくに、医療事業の分野では清潔感と気配りの行き届いた業務を展開中です。急性期医療、慢性期医療、がん救急、健診業務、介護支援に至るまで、地域連携室にご相談いただければ適切に対応させていただきます。
 
 なお、具体的な診療科目につきましては診療担当医表をご確認ください。
 外科は消化器外科(腹部内臓外科)および乳腺外科を得意分野としており、そけいヘルニア(いわゆる脱腸)と痔疾患等の肛門外科にも精通しております。  

 
 
  いのちを救う活動領域
   ❶ 国内災害救護    : 常設救護班・救護車両・無線局・飛行隊活動
   ❷ 医療事業      : 公的病院としての赤十字病院92施設
                診療所5 施設・老人保健施設6施設を運営
   ❸ 救急法等の講習  : 救急法基礎講習・救急法の実地講習の講師
                水上安全法・雪上安全法・幼児安全法など
   ❹ 血液事業     : 輸血用各種血液製剤の24時間体制での供給
   ❺ 国際活動     : 国際救援・開発要員派遣など

  せいかつを支える活動領域
   ❻ 社会福祉施設   : 乳児院8施設を含む
                    児童福祉施設を 計15施設運営
                特別養護老人ホーム8施設を含む
                    老人福祉施設を 計13施設運営
   ❼ 赤十字ボランティア: 地域赤十字奉仕団等
                 赤十字関連施設での身の回りのお世話や
                   話し相手などボランティア受付・受入れ業務


  ひとを育む活動領域
   ❽ 青少年赤十字   : 小・中・高等学校等の教育現場での人道教育
               「無関心」が非人道的であることを教育し、
               「気づき・考え・実行する力」を育む
   ❾ 看護師等の教育  : 看護師・助産師・保健師・介護福祉士の養成
                教育施設 25施設を運営
                学外での臨床研修の引き受けなど
 
 

 平成29年4月1日

                             小野田赤十字病院 院長 清水 良一
当院について
院長あいさつ
理念・基本方針
患者さまの権利
個人情報の保護方針
施設の概要
診療のご案内
診療科のご案内
外来受診のご案内
診療担当医表
入院のご案内
健診・人間ドック
健康管理センター
各健診のご案内
オプション検査
検査項目一覧
部門紹介
看護部
検査部
放射線科部
リハビリテーション科部
薬剤部
事務部
職員募集
広報誌ORC
総合相談センター・地域医療連携室
在宅介護支援センター
院内保育園「きらら」
老人保健施設 あんじゅ
各種公告
ホーム
フロアマップ
交通アクセス
お問い合わせ
小野田赤十字病院 〒756-0889 山口県山陽小野田市大字小野田3700番地
TEL:0836-88-0221 FAX:0836-88-2733
Copyright Japanese Red Cross Society Onoda Hospital. All Rights Reserved